脊柱分離症・すべり症

脊椎分離症(せきついぶんりしょう)(脊椎すべり症)とは?

10歳台前半から壮年期の比較的若い世代の激しいスポーツを行った人に多く見られます。

骨が成熟していない少年期にスポーツで腰部に繰り返し負担がかかることで発症する場合があります。

脊椎分離症は腰に負担がかかるスポーツを続けて行う事で疲労骨折をして分離した状態をいいます。
腰が痛むのは、第4、5腰椎やその下の仙骨の間など、下部腰椎がほとんどです。
さらに分離した部分が前方へすべり出してしまう事を「脊椎すべり症」といいます。

スポーツが好きな子供がなる腰痛のほとんどが脊椎分離症です。

■脊椎分離症(脊椎すべり症) 症状

長時間の立ち仕事や、腰を反らせたり横に曲げたりした時に腰痛を訴える場合があります。

後ろにそる姿勢をとる、長時間立ったり座ったりしていると痛みが出ますが脊椎分離症だけの場合は、必ず痛みを起こすとは限りません。

脊椎すべり症になると、重苦しい腰の痛みで始まり症状が進行すると足の痛みやしびれ、坐骨神経痛を伴う事もあります。

放置しておくと慢性化することもありますので早期の治療をおすすめします。

症状がおさまったら、バランスのとれた腹筋背筋を鍛えサポート力を強化しましょう。

せいじん接骨院の施術は、身体の基本軸を調整し歪みを正すことで早期の回復、改善を図っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せいじん接骨院

お気軽にお電話ください。

0586-58-1819

0586-58-1819
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
平日8:30~12:00 16:00~20:00 土曜8:30~13:00     予約優先制
定休日
日曜 祝祭日 土曜午後(土曜は13時まで営業)

〒491-0111愛知県一宮市浅井町河端字一本松38-8