群発頭痛

群発頭痛(ぐんぱつずつう)とは?

女性に多くみられる片頭痛に対して、群発頭痛は男性が比較的多く20~40歳代が中心と言われています。

視床下部の機能異常が関与していると考えられていますが、その理由ははっきりしていません。

春先や秋口など季節の変わり目に激痛が、一定期間(2週間~2ヵ月くらい)に集中しておこり1日の間に発作を何回も繰り返すこともあります。

突然腰に痛みが走り、ひどい場合は立ち上がれないほどの痛さで知られている「ぎっくり腰」。

ぎっくり腰は分かりやすく言えば「腰の捻挫」です。

ちょっとした動作がきっかけで、腰部を支える筋肉、関節、椎間板などを痛めてしまいます。

■群発頭痛 症状

片方だけの目の奥や周囲にあらわれ、上あごのあたりや頭の片側へと広がる激しい痛みがあります。

涙、鼻水、鼻づまり、結膜の充血、まぶたのむくみといった症状を伴う場合があります。

1日に何度か起こり、1回の痛みの長さは十数分から1時間くらい。ときには数時間におよぶ場合もあるようです。

明け方に起こることが多く毎日だいたい同じ時刻に痛みだし、強い痛みで目が覚めてしまいます。

群発頭痛は、なぜ起こるのか、そのメカニズムが不明な部分が多いため、完全な治療は難しいといわれています。

群発頭痛の発作は、タバコや飲酒が誘因で発症すると言われていますので、なるべく控えた方が望ましいでしょう。

せいじん接骨院の施術は、身体の基本軸を調整し歪みを正すことで早期の回復、改善を図っていきます。

せいじん接骨院

〒491-0111愛知県一宮市浅井町河端字一本松38-8