腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは?

落語家の桂歌丸師匠や元バレーボール選手の大山加奈も患った腰椎の病気で、加齢変化が主な原因であることが最も多く、歩行と休息を繰り返す間欠性跛行(かんけつせいはこう)が特徴的な症状です。

■腰部脊柱管狭窄症 症状

間欠性跛行とは、歩き始めはとくに症状が強いわけではないのですが、しばらく歩くとだんだん脚が痺れたり痛くなったり、こわばったりして歩くことができなくなり、しゃがんだり座ったり休むと回復し症状はすぐになくなり、また歩いたり立ったりできるのが特徴です。

日常生活では姿勢を正しく保つ事が必要です。

杖や手押し車を使う、痛みの症状が出る前に休憩をとるなどすることで症状を軽減できるようです。

背中を反らせる姿勢など神経を圧迫するような動作や姿勢を避け、歩く際に前かがみの姿勢を心がけることです。

自転車こぎも痛みが起こりにくいので、よい運動になります。

リハビリテーション、コルセットを使うことで症状が改善することもあるようです。

せいじん接骨院の施術は、身体の基本軸を調整し歪みを正すことで早期の回復、改善を図っていきます。

せいじん接骨院

〒491-0111愛知県一宮市浅井町河端字一本松38-8