顎関節症

顎関節症とは?

「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などが主な症状である慢性的な疾患です。
年令では20~30代がピークで、女性は男性の2~3倍の数がいるようです。
これは女性ホルモンの関係が深いからであり、男性よりも骨格や靭帯が弱いためと考えられています。
近年患者数が増加していることを考えると、最近の若年層に顕著な食生活、生活習慣などにも関連があると考えられますね。

■顎関節症 代表的な症状

◯あごが痛む

・口の開け閉め、食べ物を噛む時など、あごを動かしたときに痛むのが特徴です。
あごの動きに関係なく痛む場合は他の病気の可能性が高い。

◯口が大きく開けられない

・正常な人は、縦に指三本分入る(40~50mm)が、指が2本程度(30mm)もしくは、それ以下しか入らない。

◯あごを動かすと音がする

・あごを動かした時に、耳の前あたりで「カクカク」音がする。
「ジャリジャリ「ミシミシ」といった音の場合もあります。

◯噛合せに違和感がある

・急に噛合せが変わったように感じるときは、顎関節症の疑いがあります。

◯口を完全に閉じることができない

・あごの関節内の構造の異常のため、上下の歯列の間に隙間ができて、口が完全に閉じられなくなる場合があります。

せいじん接骨院の施術は、身体の基本軸を調整し歪みを正すことで早期の回復、改善を図っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せいじん接骨院

お気軽にお電話ください。

0586-58-1819

0586-58-1819
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
平日8:30~12:00 16:00~20:00 土曜8:30~13:00     予約優先制
定休日
日曜 祝祭日 土曜午後(土曜は13時まで営業)

〒491-0111愛知県一宮市浅井町河端字一本松38-8