頚椎症

頚椎症(けいついしょう)とは?

首の痛み、胸部の痛み、腕のしびれ、麻痺、筋力低下などの症状のため、仕事や日常生活に支障を生じる事があります。

朝、起きる時に強く痛みを感じ、身体があたたまることで楽になり、夕方から夜にかけて疲労でに痛みが増すことが多いようです。

■頚椎症 症状

頸椎症は中高年者で発症しやすくなるようです。

加齢や外傷が原因で起こりますが、一般的には40歳ごろからになります。高齢になるほど症状が強くなるようです。

我慢できる範囲の痛みなどであれば安静にして、あわてて治療を進めるのではなく、経過をみることもあります。

就寝時の姿勢も大切で、枕の高さを調節して筋肉の緊張を和らげることも必要でしょう。

自己判断を過信せずに、まずはご相談ください。早期の治療開始が肝要です。

せいじん接骨院の施術は、身体の基本軸を調整し歪みを正すことで早期の回復、改善を図っていきます。

せいじん接骨院

〒491-0111愛知県一宮市浅井町河端字一本松38-8